企業にとっては効率的なWEBのシステムつくりが課題

WEBカメラを用いたリモート管理システム

企業にとっては効率的なWEBのシステムつくりが課題 現在、WEBカメラを用いたリモート管理システムがトレンドとなっています。
これはPCとWEBカメラをネットワークで接続して、社内や店舗等見たい場所に設置することにより一括監視ができるものです。
在庫状況、店舗の稼働状況、従業員の勤務状況等を離れた場所から見ることが出来るので、多店舗展開しているチェーン運営本部や、土地スペースの管理者等にとっては、導入による効果が期待できます。
またWEBカメラは映像として記録することもできるので、従業員の教育等の再活用や、稼働状況の確認、防犯目的としての利用にも有用です。

◆導入の利点基本的にPCとWEBカメラをネットワーク接続し、決められた方法に従って設定すればよいので、あまり面倒な手間をかける必要がありません。またPC側では専用のWEB画面から容易にモニタリングすることが可能です。
このとき、PC側のリモート操作により、カメラの向きを変えたり、複数のカメラを一度にモニタリングすることが出来ます。
WEBカメラの導入は防犯対策にも有効です。
コスト面でも、通常のセキュリティーシステムの導入に比べ、低コストで済みますから効果も抜群といえるでしょう。

◆注意点1台のカメラで1箇所だけを撮るのではなく、カメラを自動巡回(カメラの向きを変えて撮る)を行ったり、個々のカメラを遠隔操作したりして、思わぬ「死角」を作らないように注意しましょう。
また防犯対策目的の場合は、単なる設置だけにとどめず、「監視カメラ巡回中」のような張り紙をして心理的に周知させる方法を取ることも場合によっては必要です。

関連情報

Copyright (C)2019企業にとっては効率的なWEBのシステムつくりが課題.All rights reserved.